吉岡産婦人科

TEL 047-334-4760

当院のご案内

妊婦健診

妊婦健診では毎回、超音波検査、血圧測定、体重測定、子宮底腹囲計測、尿検査を実施し、おなかの中の赤ちゃんとお母さんの状態を見させていただきます。超音波検査は赤ちゃんの計測、推定体重、位置、形態異常の有無、性別や胎盤の位置、臍帯の状態、羊水の量などを確認します。
妊娠各時期に血液検査、おりもの検査、内診、子宮頚管長の測定(早産の予知)、赤ちゃんの心音のモニターや子宮収縮の有無(分娩監視装置、ノンストレステスト)、心電図などを行っています。
健康で順調な妊婦

施設や設備のご紹介はこちら

ブライダルチェック

ブライダルチェックとは、結婚式にまつわるものではなく、『結婚前に性感染症やガンなどの病気がないかどうか調べておこう』という検診プランです。
ブライダルチェックでは、無症状の人でも1~2割に疾患が見つかっており、そのほとんどが子宮筋腫や子宮内膜症、性感染症のクラミジア感染症といったものが見つかっております。
これから幸せに向かうご夫婦の為にも、不安を解消してはいかがでしょうか。
夫婦の幸せを守るイメージ

妊娠を希望する女性が行うべき検査(AMH検査)

妊娠するための力 ≒ 卵巣機能(卵巣予備能) は採血検査で測定することができます。
AMH(抗ミュラー管ホルモン)を測定する意義とは妊娠に対して強く影響を及ぼす因子として、①高齢、②卵巣機能(卵巣予備能)低下がいわれています。不妊診療現場における問題として、晩婚化のため妊娠率が低く難渋する (①のパターン)、卵巣機能が年齢相当よりも低下しており難渋する(②のパターン)が多いと思われます。
AMH検査イメージ

配偶子である卵子は卵巣の原始卵胞内に存在し、徐々に発育し毎月1つが排卵するわけですが、この事象には多くの機構が関与しており、約6か月の期間が必要とされています。数百個の原子卵胞が発育を開始しますが、そのほとんどは成長過程で少しずつ発育を停止し、最終的に排卵に辿りつけるのは1つに選択されます。さながら自然界の生命の淘汰のようなことが卵巣内では起こっており、優れた卵子が成熟・排卵し、妊娠を可能としていると考えられています。

 

卵巣内の経時イメージ 毎日30-40個の原子卵胞が発育を開始し、その過程で残存する原始卵胞数は年齢とともに減っていきます。いわゆる卵巣機能(卵巣予備能)とは、卵巣内に残された原始卵胞の数により規定されます。一般的に50歳ころには卵巣内の原子卵胞数は1000個程度となり、卵胞発育しなくなり閉経を迎えます。この卵巣機能の低下速度は個人差がかなり強く、100人に1人は40歳になる前に、原子卵胞数が著減し閉経を迎えてしまいます。一昔前であれば若いころに妊娠しており問題にならないことが、現在は晩婚化により妊活をするころに卵巣機能が低下してしまい、上手く妊娠に至れないケースが増えています。

卵巣機能(卵巣予備能)の評価法として、最も信頼できるのが、血液中のAMH(抗ミュラー管ホルモン)を測定することです。AMHは小さな卵胞から分泌され、卵巣内に残っている原始卵胞数と相関するとされています。そのため、現在妊娠を目指している、もしくは後々に妊娠をしたいという場合は卵巣機能を一度チェックすることをお勧めします。

  • 月経周期には左右されません。
  • 検査の相関性が低いため、未成人の方にはお勧めできません。

 

 

更年期障害の検診

更年期(おおむね45~55歳の時期)の不調には、疲れやすさや肩こり、腰痛、頭痛、眼精疲労、のぼせ、ほてり、冷え、イライラ、うつ、不眠、関節痛など、いろいろなものがあります。こうした不調は、エストロゲンの急激な減少のほかに、加齢やストレス、疲労や別の病気などが原因で引き起こされることがあります。そのため、婦人科では、さまざまな検査を組み合わせて、更年期による不調かどうかを総合的に判断します。

 

 

成人病検診

当院ではお忙しい方の為にも、成人病検診も同時に受けることが出来ます。
検診は受けなければならないけれど、どうせ受けるなら一日で済ませたい。そんな方のニーズにお応えする事ができます。

 

プラセンタ(胎盤)治療

胎盤のことをPlacenta(プラセンタ)といい、更年期障害、関節痛、美容などに用いられています。プラセンタ製剤には、多種のアミノ酸、核酸、ミネラルが含まれており“自然治癒力の向上”,“アンチエイジング効果”をもたらします。薬理作用については数多くの研究が行われ、幾多の有用な作用が報告されています。現在、肝炎、更年期障害に対して保険適応が厚生労働省から認可されている副作用の少ない医薬品です。

 費用:1アンプルあたり

    保険 約500円 (更年期障害、乳汁分泌に対しては保険適応)

    自費 1000円

 

pd1 pdf

 

 

 

医院概要

医院名 医療法人社団 吉岡産婦人科医院
代表者 吉岡 英征
診療科目 産科・婦人科
休診日 木・日・祝日
診療時間

9:00~12:00
(受付時間9:00~10:15)

15:00~17:30
(受付時間15:00~17:15)

※土曜日午前のみ診療

電話番号

047-334-4760

住所 〒272-0021
千葉県市川市八幡5-7-22

吉岡産婦人科 外観

■京成本線「鬼越駅」より徒歩5分 「京成八幡駅」より徒歩10分
■JR中央・総武本線 「本八幡駅」より徒歩10分
■都営地下鉄新宿線 「本八幡駅」より徒歩10分
戻る

ログイン

戻る メニュー

カート

JTouch Mobile Extension for Joomla! 2.5 (c) 2011 - 2013 Griddy Designs, LLC